無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ICE AGE 2 THE MELTDOWN/アイス・エイジ2
こんばんわ小川です。
今日は「アイス・エイジ2」の感想です。

◆あらすじ◆
時は2万年前…氷河期が温暖化によって終わろうとしていた。
マンモスのマニーは仲間からはぐれ、自分は「マンモスの最後の生残りだ」と思っていた。マニーは“ものしりトニー”から、「この谷は危険だ。大洪水が起きる。」と言われ、友達のサーベルタイガーのディエゴ、ナマケモノのシド、そして谷に住んでいる動物達と一緒に、今いる所から別の場所にお引っ越し。
そんなこんなの移動中、2匹フクロネズミと1匹のマンモスに出会う。
マニーは「仲間が生きている!」と、大喜びだが、そのマンモス(エリーという名前)は自分の事をフクロネズミだと思い込んでいて…。

氷がドンドン溶けていって、マニー達は移動に大忙し!…なんですが、所々滅茶苦茶の〜んびりした展開を挿んでいるので、イマイチ「逃げろー!」って感じでは無かったですが、今回も面白かったです。

特にエリーがフクロネズミと一緒に「木にぶら下がって寝る」シーンはとても可愛いですねぇ。短いシッポでどうやってあんな巨体を支えるんじゃい。ってな気もするんですが、図が可愛らしいのであまり色々ツッコミません。

ラブシーン・アクションシーン・ほのぼのシーン…色々巧く絡んでいていいですねぇ。
でも特にこれといった感想も無いんですよね…。

| オガワ | movie | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jacuzzi.jugem.jp/trackback/492
2007/09/28 2:36 PM posted by: そらの部屋
アイス・エイジ2『アイス・エイジ2』(Ice Age: The Meltdown)は、2006年3月31日に全米で公開されたアニメーション映画。2006年4月22日には日本でも公開された。概要ストーリー優しくて力持ちのマンモスのマニー、お調子者だが憎めないナマケモノのシ