無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
X box360/GHOST RECON ADVANCED.WARFIGHTER2(ゴーストリコン・アドバンスウォーファイター2)
こんばんわ小川です。
今日は「ゴーストリコン・アドバンスウォーファイター2」こと、GRAW2の事です。

発売日に購入していたのにも関わらず、今日初めてプレイしました。
理由はSHADOWRUNのネット対戦にハマっていたのと、PCゲームをしているからです。

さて、そんなこんなのGRAW2ですが…舞台は2014年のメキシコです。反乱軍鎮圧の為に“ゴースト”チームが再び呼ばれ、大量破壊兵器によるテロの攻撃からアメリカを守らねばなりません。
残された時間は72時間…。

ってな具合ですけど、のっけから出題されるトレーニングモードですらあたふた。72時間中、3時間はこのトレーニングモードに費やしました。
このモードはもんのすごい親切丁寧なので、やる事は分かっているのですが、手が追いつかない&脳が追いついていかない状態。

特にトレーニングモード2の“ライフルの撃ち方”の項に至っては、我ながら「ゴルゴ13みたい!」と結構な腕前なのに“ヘッドショットで殺していないから”という理由で「BAD」に…。
(※トレーニングモードでは、BADが出ても先に進む事は可能です)

FPSと呼ばれる「一人称視点」と、TPSと呼ばれる「三人称視点」、どちらもお好みで変更可能なので、割りとやり易いですが、三人称視点はギアーズ・オブ・ウォーのような全身が映る三人称視点ではなく、バイオハザード4のような上半身のみが画面に出るタイプのモノです。

主人公(=自分)はゴーストチームのリーダーです。
ミッション開始時に毎回、部隊の構成(兵士3人と武器)を考え、その部隊+自分で行動していきます。

アクションゲームなのかな?って思っていたんですが、どことなくシミュレーションゲームっぽくもあります。
自分はクロスコムと呼ばれるモノを使って、無人偵察機などを駆使し、見方兵士を誘導していきます。

無人偵察機でマップを最初にチェックし、「敵がどこに居るか?」を突き止め、見方に適切な指示を出していき、自分は後ろで見守っています。(チキンなので)
その間、兵士から言われる「敵兵いません」などの言葉に従い、別の場所へ誘導していきます。

ある程度進むとオートセーブがかかり、リトライはそこからリスタートとなりますので、急な電源ブツ切りは大変危険です。お気を付け下さい。

ある程度進むとオートセーブ…なのは、同UBI兄弟ソフトの“レインボーシックスベガス”も同じですが、レインボーよりもセーブされるセッション区間が短いので、やり直すのも楽チンです。(これが理由でレインボーはちっとも進みません…)

やってみた感想は「覚える事が多い。でもそれを覚えればすさまじく面白い」って感じです。
何となくプレイしてて、「面白いなぁ」って感触なんですよ。このゲームは。
ボタンをほぼ全て使う辺りで、覚える事が多いな。って感じます。
(「全ボタン使用」のアーマード・コアよりは、全然やり易いです)

アクションゲーム好きな方、お勧めです。

PS/あと1日でOBLIVION発売ですね!!(楽しみ過ぎて明日は眠れない)
何度も言いますが、シングルRPGの最高傑作です。
これは絶対にゲーム好きならばやるべきソフトだと思います。
本ッ当〜に(今現在)史上最強にして最高のRPGですよ!!!!!

| オガワ | game | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jacuzzi.jugem.jp/trackback/580