無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
X box360/The Darkness(アジア版)
どうも小川です。
さて、The Darkness(アジア版)がやって来たので、遊んでみました。

これはアクションゲーム+アドベンチャー(少々)です。FPSなので(TPSに切り替え可能と、どこかのサイトに書いてあったのですが、TPS視点にはなりません…)好き嫌い分かれますが、FPSゲームも出来るという方、お勧めです。

主人公はJackie Estacado(ジャッキー・エスタカード)という黒髪サラサラロン毛の殺し屋の男。
彼の21回目の誕生日に父親から授かった“Darkness”の能力が開花した…ってな事ですけど、英語が分からないので本当にこういうストーリー…なのかはイマイチ謎ですが、でも、21歳の誕生日はゲーム中にJennyという彼女(?手を握ってたんで彼女かな、と思った)から祝ってもらえてた。

(※アメコミが原作にあるので、詳しい事を調べようとしても、イマイチそれがアメコミのストーリーに関する事なのか、ゲームに関わっているストーリーの事なのか分からないのであやふやです。)

“Darkness”の能力…Jackieの背後に出る黒い蛇のような物体で、その生物は色んな能力を持っている。敵を殺し、死体から心臓を食わせる事により、“Darkness”が成長していく(の、かな?)
また、“Summon Gateway”と呼ばれる異次元ホールからインプを召還する事も可能。召還すればJackieと一緒に戦ってくれるし、行き止まりの道などでも力になってくれる(←何かギャーギャー騒いでいる時は大抵、何かJackieの為にしてくれる)

言わずもがな完全英語なので、物語がさっぱり全くさっぱり分からないのですが、「アクションだからまぁ大丈夫だろう」なんて思っていたら…「地下鉄で電車に乗り、どこかへ行く」のに悪戦苦闘。
BACKボタンでmapなども参照出来たりするのですが…肝心のmapが見難です。

次に進む為には、こういう行動をしろ。みたいなジャーナルも出るのですが、全くもって何を書いてあるのか分からずじまいなので、一応目を通すのみ。

英語サイトのレビューなどでは「“Darkness”能力が強いので、銃はいらない」みたいな事が書いてあったりするのですが、今現在ウチのDarknessは心臓を喰うのみのペット状態。
DarknessはRBボタンで遠隔攻撃が出来るんですけど、撃ち合いになったら遠隔モードしている暇が無いので、Jackieの銃…ものすっごい必要だと感じるんですけども(汗)

Jackieの銃と言えば、彼の(ハンドガン)二丁拳銃は使いやすくてgood。(難点は装弾数が少ない・敵を倒さないと銃弾が手に入らないので、敵を引き寄せながら撃っているとギリギリ)
照準も(洋ゲーFPS系にしては)左右に振っていると敵の所でピタッと合うので、合わせ易くて撃ち易い。

私は「英語だし、FPSもそんなに得意でないので…」という事から、難易度設定をEASYにしているのですが、それでも死にまくります。
あまりに死ぬので、「もしや…Darknessを使いこなせてないのでは?」と不安なのですが、オートセーブのチェックポイントの細かな書き込みによって(一応は)救われてます。

ほとんどのゲームでは「ムービー挿入=フラグ立つ」の図式で、ムービーが流れる事によって「あ、この方向に進んでいて正解だったか」って気付くのですが、このゲームはそういうワケでも無く、頻繁にJackieの会話ムービーが挿入されるので、「本当に合ってるのかなぁ??」と不安で仕方ないです。

グラフィックも綺麗だし、(FPSが上手な方には)テンポも良いと思うゲームなので、英語でもOK!という方、お勧めです。

| オガワ | game | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jacuzzi.jugem.jp/trackback/583